今朝のニュースでサブリースについて取り上げられていました。

サブリースって言うのは所有者から一括で借り上げたアパートや

マンションなどの賃貸物件を、借り上げた業者が運営して、

所有者へ支払う賃料との差額で利益を得るやり方ですが、

差額を大きく取らないと空室分の補てんで利益なんか出ないし、

新築から時間が経つほどエンドからの家賃は下がるし空室率は上がるしで、

する側にとってあまり良い事もない様に思います。

(駅から遠い新築借上げについて書いています。)

 

それでもするのは新築の注文が欲しいし、新築は比較的埋まりやすいし、

新鮮なうちに、おいしい所取りが期待できるからです。

事例としてニュースに出ていた、新築受注ありきのサブリース契約の場合は、

10年ごと見直しの条文がしっかり(ちゃっかり?)記載されていて、

業者がおいしい所取りをしたのち、

所有者がしわ寄せを受けるようになっていたようですが、

仕掛ける側はそれを分かっていてよく営業かけられるな、と思うのです。

 

確かにアパート経営は事業ですから、事業者と事業者が契約する以上、

賢い方が利益を得ることは当然で、違法性も無いといえばそれまでですが、

経験も知識も語彙さえ持たない素人を言葉巧みにアパート経営者へ

引っ張り上げて、自分たちに有利な契約をさせることは、

未経験者をベテランと同じ土俵に上げて勝負させることと等しく、

弱者が利用される構図であって、社会的に守られるべき案件のように思います。

 

とは言ってもサブリースによって上手く運営されているビルもありますし、

サブリースがそれ自体悪いシステムだとは思いません。

業者を選ぶことも大切ですが、不利なサブリース契約にハマらない為には

条文の意味と書いてある理由、さらには実行された場合にどうなるのかまで、

契約内容をよく理解することが、いちばん重要なのではないでしょうか。